Y.Oさん

駒澤大学文学部心理学科

世界史や英文法のコースがイチオシとのことですが、具体的にどのような点がよかったでしょうか。
世界史は、授業アーカイブで全地域、全時代が網羅されていますし、茂木先生は教養に絡めながら世界史の話をしてくださるので、すごく面白かったです。英文法は、最近の過去問をちゃんととりあげてくださっていたので、入試対策がしっかりできました。受験勉強を始めたころは市販の参考書も使っていましたが、もっと早くN予備校を使っていればと思ったほどです。
生授業や授業アーカイブはどのように使っていましたか?
僕の場合は、8割以上は授業アーカイブを使って勉強していました。授業アーカイブだと、スマートフォンがあればいつでも勉強できたので、すごく助かりました。
参考書、問題集、解説動画など、そのほかの教材はどうでしょうか?
世界史の問題集を特に使っていました。世界史全範囲を網羅しているぶん、すごくボリュームはありますが、基本、一問一答なので、苦にならずサクサク進めることができました。市販の参考書だと、ページをめくったり、かさばるので勉強できる場所が限定されますが、N予備校ならそういうこともなく、スピーディーに勉強ができると思います。
N予備校 世界史の問題集。
理解度が記録され、問題を間違えると赤色に、正解すると緑色に表示される。
僕は大学合格した後も、実はN予備校を使い続けています。英検やTOEICのために英語を引き続き勉強したり、自主的に数学を学びたくて、受講を始めました。数学の勉強は今まで全くしていなかったので「ベーシック」コースから始めていますが、事前知識が全くなくても解き方が丁寧に解説されているので、やりやすかったです。初学者にもやさしい教材がN予備校にはそろっていると思います。

後輩へのメッセージ

N予備校は、「ベーシック・スタンダード・ハイレベル」とレベル分けされている教材もあって、どんな人でも安心して使えると思います。また、僕の場合は受験勉強について失敗したことがあって、それは1日の中で色んな科目に手を付けて勉強していたら、結局全てが中途半端になって、なかなか成績が上がらなかったことです。受験勉強は不安なことも多いですが、いったん落ち着いて、「今日はこの科目のこの範囲をマスターしよう」と科目を絞って、集中して着実に勉強していくことが大事だと思います。

Oさんが利用した
N予備校のコース

05遠山 耕祐

合格体験記TOP